自動車保険見直し隊

■5.事故の情報を記録

事故の状況を確認し、記録しましょう。事故車両の状態(写真を撮っておくとよい) 、現場の住所や周辺の状況、事故の発生原因等が現場で確認すべきポイントとなります。

・相手の連絡先を控える
住所、氏名、電話番号、相手の車ナンバー等は最低限控えましょう。名刺等は他人の可能性があるので、免許証で確認できればベスト。相手の保険会社、契約者名、自動車保険の証券番号も控えておくと後々スムースです。

・目撃者がいれば、現場にいてもらう
事故の原因で相手ともめそうな場合は特に。警察が来るまで待っていてもらえればいいのですが、その人の都合もあるので、後で話ができるよう連絡先を聞いておくだけでもヨシ。自分で事故直後の状況を撮影しておくと、後で役に立つかもしれません。

愛車の価格
ご存知ですか?

■交通事故に遭った場合の手順
1.事故の続発を防ぐ
2.負傷者の救護(119番)
3.警察(110番)へ連絡
4.警察、救急隊が来たら
├5.事故の情報を記録
6.事故車両の移動
7.保険会社に事故報告
8.通院・入院、車の修理
9.示談

保険選びはプロにおまかせ
手続きの相談・代行は行政書士へ

自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 TOPへ戻る


(c)2008 自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 All Rights Reserved.