自動車保険見直し隊

■警察・救急車

緊急時の連絡先として真っ先に挙げるのは、警察(110番)と救急車(119番)です。

負傷者がいる場合は、救急車(119番)から先に連絡しましょう。人の安全が最優先です。その後、110番で警察を呼びましょう。

電話で伝える項目は、「場所」と「状況(負傷者の程度、人数等)」です。

110番も119番も携帯電話からかけることができますが、事故の起こった住所等は必然的に口頭で伝えることになります。しかし、家の近所でもない限り、なかなか住所・地名は分からないものです。

そこで役に立つのが電柱です。大抵の場合、電柱に地名が書いてあるので、それを伝えましょう。交差点の場合は、信号機の横にある地名でもよいのですが、地名とリンクしていないこともあるため、周囲の目印も一緒に伝えるとよいでしょう。(ガソリンスタンドやコンビニ等の建物が分かりやすい)

愛車の価格
ご存知ですか?

■交通事故発生時の連絡について
├警察・救急車
保険会社・代理店

保険選びはプロにおまかせ
手続きの相談・代行は行政書士へ

自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 TOPへ戻る


(c)2008 自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 All Rights Reserved.