自動車保険見直し隊

■過失割合とは

交通事故は、加害者の一方的な不注意による事故の他に、加害者と被害者双方の不注意で起きる事故もあります。双方に不注意(=過失)があった場合、民法では次のように定めています。

民法第722条第2項
「被害者ニ過失アリタルトキハ裁判所ハ損害賠償ノ額ヲ定ムルニ付キ之ヲ斟酌スルコトヲ得」(被害者に過失があったときは、裁判所は損害賠償の額を定めるにあたり、これを考慮することができる)

つまり、加害者だけが全ての責任を負うのではなく、被害者側の過失に応じて損害賠償額が減額されます。(これを過失相殺と言います。)

交通事故の過失割合は、交通事故が起きた原因を双方の過失の割合で数値化したものです。(例 70:30)

この数値は、事故の相手(車・バイク・自転車・歩行者)、交差点の形、進路方向、信号の有無等、それぞれの状況に応じて細かく定められています。

愛車の価格
ご存知ですか?

■損害賠償の算定
交通事故を起こした場合の法的責任
├過失割合とは
損害賠償として請求できるもの
損害賠償の算定基準
損害賠償の計算方法
車の修理代
治療費用・入院雑費・通院費
休業損害
慰謝料の相場

保険選びはプロにおまかせ
手続きの相談・代行は行政書士へ

自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 TOPへ戻る


(c)2008 自動車保険見直し隊〜交通事故Q&A〜 All Rights Reserved.